FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TM-833 電解コンデンサ全交換

TM-833 電解コンデンサ全交換
何といっても最近では貴重な存在の1200MHZを搭載した無線機【TM-833】ですが、現在3台在庫しているのですが、そのうちの1台がもはや修理不能状態です。

いずれにしても、電解コンデンサがこういった電子機器の寿命を決めるといっても過言ではない状態で、高額な無線機(無線機だけではない)を長く使い続けるためには、定期的に電解コンデンサを交換していかないと、液漏れ等による基盤損傷で再起不能に陥ることは周知の事実のようです、

最近では、メーカーでは取り扱わない修理などを請け負う腕のいい業者が存在しているのですが、私のような貧乏人にとっては修理費も高額であきらめざるを得ない状態です。

そこで、ダメモトで自分で交換しようと思った次第です^^;

交換に際して問題になるのは、

1)すでに液漏れし、腐食し、基板が損傷している部分も直せるか
2)取り外す際に基板損傷しないか(片側がGNDパターンの場合が多いため熱が逃げる)
3)部品が入手できるか
4)何といっても小さな部品が多く目が見えるのか?(近眼+老眼)

【1200MHZユニット】

IMG_0041.jpg

IMG_0043.jpg

IMG_0042.jpg

IMG_0045.jpg

IMG_0044.jpg

【中継基板?】

IMG_0053.jpg
★中古で買った無線機なのですが、すでにパターン損傷していたので、修理実施!

とりあえず、【1200MHZ】ユニット側はすべて交換、【中継基板?】側もすべて交換、【フロントパネル】側も交換!残すは【430MHZ】ユニット側のみとなりました。

部品が足りないので追加発注しました。これはなかなか骨が折れます。

IMG_0060.jpg

続きはまたの機会に・・・ふぅ
スポンサーサイト

TM-833 色々壊れ・・

TM-833 色々壊れ・・


20170801-2.jpg


色々なものが壊れる歳周りなのでしょうか

長年愛用していました【TM-833】がついにモービルから降ろされました。

今まで気がつかなかっただけなのかも知れませんが、【1.2Gバンド】の方が送受信していません

▼送受信出来ない場合はここを疑ったほうがぃぃかも・・
20170801-1.jpg

★前にもあったのですが、このセラミック基板の半田フィレット部分にクラックが入り半田が浮いていました

メーカーのサービスの人ともお話しましたが、この部分はトラブルが発生しやすく、修理時にセラミック基板にコテ先があたりパターンが剥離すると、どうにもならないらしく、又部品としても在庫は無いようです。

壊れて元々ですので、サクッと半田付けをやり直し、発振するようになりました。これによって1.2Gの送信は治ったのですが、受信をしていません。なんかAFの音が、Cが抜けているような音がしています。

この部分は次回に検討致します。では又ノノ

ICB-650 電池BOXが折れた

ICB-650 電池BOXが折れた!

現在【ICB-650】は3台保有しているのですが、全体的に経年変化でボロくなってきて、ついに2台の電池BOXの端子部分が折れてしまいました。


20170823-01.jpg

★この現象は昔からよく有る現象で、古くなると大体ここが折れます。(電池を抑えているバネに周りのプラスチックが負けるようですね)


20170823-02.jpg


貧乏人の私は、とりあえず補強用のアクリルを削って、ボンドで付けてみましたが、やはり電池のばねは予想以上ですぐに同じ所で折れてしまいました。


20170823-03.jpg

ネットで解説策を探っていると先人のOMさんが見つけていてくれた記事が有りました

▼アマゾンで購入致しました
20170823-04.jpg

オリジナルと違う点があります。

▼右側が購入した電池BOX
20170823-05.jpg

問題なく使用できました


20170823-06.jpg

20170823-07.jpg

★アマチュアバンドへの改造記事など色々と紹介されていて興味津津で検索していました。後々改造して28MHzでオンエアー出来るとたのしそうですね

ではまたノノ

IC3700 RFケーブル不良

IC3700 RFケーブル不良修理-1

☆お久しぶりです。てんちょ~のTです。

いやぁ~長いことご無沙汰しておりましたが、なんとか頑張って生きてますよ~~~!
(まぁいつものことながら本業が猛烈な忙しさでして、やっとお時間が取れました)

さて、色々と有るのですが、とりあえずIC3700のアンテナケーブルのシールド部分が切れかかっていて
Nコネがぐるぐる回る症状が出ていましたので、これをなんとか修理出来ないか考えていました。

【現状把握】

1)まず、IC3700のRFコネクタ部ですが、見た目は何ともないのですが、これがぐるぐると回ってしまいます。

▼見た目は特になんともないのだが・・・・
IC3700-01.jpg

2)コネクタ根元の収縮チューブをとってみると

▼圧着部分の下に回って擦れた跡が・・

IC3700-02.jpg

3)ということは、引っ張ると

▼当然抜けてしまいました(ノ_<)
IC3700-03.jpg

さて、修理といってもこのコネクタが有ればすぐに交換すれば済むのですが、RG58A/U(IC3700のケーブル)用の圧着型NRコネクタが無く、どうしたものか・・ コネクタをオスに変えて変換させようか・・色々・・・・

ということで今回はこれで終了です。次回に続きます~

ご意見お待ち致しておりますノノ




愛用のDELL1310の画面がぁ~~おかしくなりました!

愛用のDELL1310の画面がぁ~~おかしくなりました!

愛用のノート【DELL_1310】ですが、気が付いたら周りが赤くなっていました。画面を起こすとこの現象が起こり、倒すといいみたいですが、日に日にひどくなってきました。(;_;)

▼正常時
20161104-1.jpg

▼不具合時
20161104-2.jpg

むぅ!やはり液晶部を起こすとなるようです。

貧乏人の私には新しいPCを買う余裕はなく、修理方法を検索していましたら、症状からいって内部の液晶ケーブルの断線ではないかと思われます。

が、

新品が手に入らなければ話になりません。
そこで、【DELL】に問い合わせると、【そのケーブルは販売しておりません!】と強い口調で言われてしまいました。
なんてこったぃ!

あと頼りになるのはネットで検索!
有りました!さすがアマゾンさんです。なんでも有りますねぇ~~
早々に発注するとすぐ来ました!

さてこれからが本番の修理です。

【修 理】
1)まず、バッテリーを外しておきます。

2)次に、液晶パネルの隠しねじ6か所を外します。
▼ねじを外して枠を外す
20161104-3.jpg

3)次にバッテリーを外したところに表面のスイッチパネルの引っかかり(爪)が有りますので、これをドライバーなどで外しておきます。
▼バッテリーを外した後
20161104-4.jpg

▼表のスイッチパネル(これが厄介)を慎重に外していく20161104-5.jpg
☆若干ぴんぼけ

4)念の為キーボードを外す。(ケーブルのコネクタ部は跳ね上げ式)注意!無理やり引っ張らないように

5)液晶の兆番のねじを外し液晶の後ろカバーをそっと外すと、問題のケーブルが出てくる!

▼液晶の裏側パネルを外したところ
20161104-6.jpg

6)今回購入したケーブルに取り換える(この時兆番部は動くのでちゃんと元あったようにケーブルレイアウトをしっかりしておかないとまた断線する)

7)組み立て直し電源ON

▼見事に治りました(おし!)20161104-7.jpg

簡単そうに見えますが簡単では有りません。コネクタやケーブルなどは切れやすいので、ストレスを加えないよう慎重にやりました

☆今回も自分の修理覚え書きにすぎません。もしやられる時はご自分の責任でお願いいします。(=゚ω゚)ノ
                                       (壊れても文句言わないように・・)では又ノノ
プロフィール

【手創り屋】店長

Author:【手創り屋】店長
ネットショップ手創り屋のショップブログです

アマチュア無線や電子工作の部品
電機関係の産業部品などを取り扱っています
手創り屋
手創り屋Twitter
手創り屋Facebook
手創り屋Youtube
*別窓で開きます


移転前ブログはこちら
手創り屋 ショップブログ
*別窓で開きます

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。