FT-847 ちょっと修理!

FT-847 ちょっと修理!

さてさて、バタバタとしていた5月のゴールデンウイークっというまに過ぎ、地獄のお仕事の時間がやってまいりました。!

本業が6月まで混み合っているので体調管理が心配です。そんな折少しだけ手が空きましたので以前から懸案でした【FT-847の修理】をしてみたいと思います。

▼各つまみを外しながらフロントパネルをはずしていきます
20150509-01.jpg


【不具合個所】

1)送受信周波数のズレ(430MHzで+800Hz)

2)SUB TUNE エンコーダの動作不良(クラリファイア時、UPしか動かない時が有る)

【修 理 挑 戦】

1)まず、送受信周波数のズレですが、マニュアルには下記の表記が有ります。

FT-847 <周波数安定度>
 ±2PPM以内 (0℃~+40℃ )但しFMを除く
 ±5PPM以内 (-10℃~+50℃)但しFMを除く


ということは、430MHzで±5PPMとは、1PPMで、±430Hzなので、その5倍で±2.15KHzでしょうか、SSB運用で最大でこれだけずれるとなかなか厳しいものですが、運用中はここまでズレを感じません。(実際は200Hz前後でしょうか)

◎今回の問題は、表示周波数と、実際の送受信周波数のズレですので、少し意味合いが違います。SSB運用の待ち受け周波数で、相手局との周波数表示のズレを感じるということです。これを直すには、校正されたSGと周波数カウンターが必要ですが、個人で校正までしている測定器をお持ちの方は稀でしょう。

☆そこで、今回は来たばかりの【FT-991】と鳴き合わせすることにしました。

FT-991 <周波数安定度>
 ±0.5PPM以内 (-10℃~+50℃) 電源投入後1分


▼TC1001で周波数を調整する
20150509-02.jpg
FT-991で送信してFT-847で受信しながらTC1001を回してゼロインする(SSB)

☆とりあえず、送受信周波数表示の修正はこれで完了です。次に【SUB-TUNE】のエンコーダ修理に挑戦です。

1)これはなかなか厄介です。修理個所に辿り着くまでが難関です。再度組み上げるときの為に、記録用に写真を撮っておきます。


20150509-04.jpg


20150509-05.jpg

2)この無線機はメーカーによるAFボリュームの改造を施してあります。(この無線機の特徴でAF_VRがスムーズでない)おそらくその時に改造線2本が追加されたのでしょう

▼後でコネクタ化するので途中でカットしました
20150509-06.jpg

▼ヘッドホン基板を抜き、コネクタを外していく
20150509-07.jpg

3)コネクタ破損部位を発見!これはおそらく設計ミスでしょう。コネクタが基板エッジにあり、その外側にカバーのねじ受け板金部があります。ちょっとでも長いビスを使うとコネクタが破損します。今回はとりあえずこのままにします。(動作上問題なさそう)

▼コネクタが破損!?
20150509-08.jpg

4)コネクタを外してフロントパネルの基板を外します

▼外したパネルユニット部
20150509-09.jpg

5)問題の【SUB-TUNE】エンコーダを探します

▼この右上のエンコーダが【SUB-TUNE】エンコーダです
20150509-10.jpg

▼このエンコーダ軸がガタついて、たまにUP側にしか動かない
20150509-11.jpg

▼半田面に固定用のGNDパターンがあります
20150509-12.jpg
■GNDパターンは熱が逃げやすく注意が必要です

6)はんだ吸い取り器で吸い取ります。

▼吸い取った後に残るフラックスをIPAでふき取っておきます
20150509-13.jpg

7)さて、エンコーダを解体致します

▼底面のツメを起こして解体する
20150509-14.jpg

▼過去にもエンコーダを解体致しましたが大体こんな感じです
20150509-15.jpg

8)各接点部分をIPAで拭きとり、汚れとグリスを脱脂します

▼グリスが流れて汚れている
20150509-16.jpg

9)ヘタレたばね部分を起こし、接点の端子も起こして接触抵抗をなるべく少なくします

▼再度取付る
20150509-17.jpg

▼再度半田付け
20150509-18.jpg

10)最後に、切断した改造線をコネクタ化(SMP.R)

▼2Pinのコネクタで接続
20150509-19.jpg

11)長いレポートでしたが、再度組み上げて完了です


20150509-20.jpg

☆拙い素人の長いレポートを最後までお読み頂き誠にありがとうございました。 それでは又~~ノノ

コネクタの緩み防止に・・

コネクタの緩み防止に・・

最近は新型釣竿アンテナなど、大型のアンテナをモービル用のコネクタに設置する機会が増えていますが、受け側のコネクタにとっては、なかなかのストレスで、アンテナの揺れなどで、根元のコネクタが頻繁に緩むイライラ感が捨て切れない今日この頃です。(笑)果たして私だけでしょうか?!

【対策実験】

1)ねじの部分にねじロックペイントを塗ったり、スプリングワッシャーを入れたりしましたが、やはりアンテナの揺れで緩んでしまいました。

2)そんな中で、一番緩みの少ない方法として、【菊座ワッシャー】が有りました。ご存知の通り菊座ワッシャーは触れ合う金属部分に刺さるように固定するワッシャーで締め付けることで緩み防止となります。

3)お使いになっているコネクタの長さや【GND用端子】の有無、取付金具の形状などにもよりますが、私が使った感では一番緩みが発生しませんでした。というか、いまだに一度も緩んでいません。

4)私は、ステンレスの内菊座ワッシャーをMRコネクタに入れ、取付金具に通し、ステンレス平ワッシャーをコネクタ取付金具の上から入れて締めつけました。

▼ステンレス製内菊座ワッシャー(外形約26Φ)
20150507-3.jpg

▼MRコネクタに入れたところ
20150507-4.jpg



▼ステンレス製平ワッシャー(外形約27.5Φ)
20150507-1.jpg

▼MRコネクタへ入れたところ
20150507-2.jpg


プロフィール

【手創り屋】店長

Author:【手創り屋】店長
ネットショップ手創り屋のショップブログです

アマチュア無線や電子工作の部品
電機関係の産業部品などを取り扱っています
手創り屋
手創り屋Twitter
手創り屋Facebook
手創り屋Youtube
*別窓で開きます


移転前ブログはこちら
手創り屋 ショップブログ
*別窓で開きます

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる