スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IC-375 AC電源壊れました

IC-375 AC電源壊れました

お久しぶりです。【てんちょ~】です。

さて、先日IC-375のAC電源が突然壊れ修理に挑戦しましたが、途中で断念しているレポートを報告致します。(;_;)

毎朝の日課として電源ポチッ!と入れているIC-375ですが、そのポチッ!とでパチンと言ってヒューズが飛んでそれっきりになっていた無線機の修理に挑戦してみました。(^-^)/

無線機からAC電源部を取り外し、回路図をみながら、どうせパワトラ(2SC2501*回路図上)が飛んだんだろう~と考え、事前に代替えトランジスタ(2SC2502×5個)を購入しておきました。
ちなみに基板についていたのでは【2SC4051】でした。(ん?過去に誰かなおしたんヵぃ)

いずれにしてもヒューズが飛んだ原因をパワトラ破損と思い込んでいたのが失敗のもとだったのかも知れません。

20160422-1.jpg

案の定、ヒューズはものの見事に溶断し、パワトラ2個も完全にお亡くなりになっていました。この時点でパワトラを外し、基板上で抵抗値を測り、周辺は問題なさそうと思い込み、パワトラを交換して電源ON~! パチ~ン!

オイオイです

☆やはり思い込みはよくありません

飛んでしまったものはしょうがない。パワトラは残3個! むぅ

まぁそれからあれこれ調べたのですが、臭いのはL2かなぁとぃうところで今回はストップしました。
L2の中点と左側が断線しているのです。が両端はつながっています。むぅ 

これでパワトラが飛ぶのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・とりあえず中断です。どなたかお知恵を~ 
スポンサーサイト

ハーフピッチコネクタのチェック治具を創ってみました

お久しぶりですこんにちは!今回は
アンフェノールのハーフピッチオスコネクタをチェックするときに便利な治具
を創ってみました。

私どもの本業ではオスのハーフピッチコネクタのケーブルを作成することが多いのです。
ちみちみとはんだ付けをして、いざ導通チェック!
が、しかしまた……
ハーフピッチ治具7
こ…細かい……目がしぱしぱする………( ̄△ ̄;)

ちなみに、テスター棒の先端につけているのは当ショップでも販売している
【テスター棒ニードルアタッチメント】です→コチラよりどうぞ^^

ともあれ、これではチェックの時に不安である!
ということでこいつを創ってみました
ハーフピッチ治具1
基板に各ピン番号に対応したテストピンを立てて接続しました。
最大50ピンまでのコネクタに対応しています。

上部のMILコネクタに変換ケーブルを取り付けて…
ハーフピッチ治具3
ハーフピッチ治具4
変換ケーブルにはハーフピッチのメス(パネルマウント側)がついています。
ワンタッチロック式とネジロック式どちらも対応しています。

チェックしたいオス型ハーフピッチのケーブルを変換ケーブル(メス)へつなげます。
ハーフピッチ治具5

これでテストピンに触れながら導通チェックができます。
ハーフピッチ治具9

20ピン、26ピン、36ピン、50ピンの4種類の変換ケーブルがあります。
ハーフピッチ治具6

まだまだ試作段階ではありますが、便利に使えるので現場では早くも活躍しております(*^_^*)
興味がある方はこちらのお問い合わせにてご連絡ください。

それではまた、近いうちに…(汗

テーマ : ★店長ブログ★
ジャンル : ブログ

プロフィール

【手創り屋】店長

Author:【手創り屋】店長
ネットショップ手創り屋のショップブログです

アマチュア無線や電子工作の部品
電機関係の産業部品などを取り扱っています
手創り屋
手創り屋Twitter
手創り屋Facebook
手創り屋Youtube
*別窓で開きます


移転前ブログはこちら
手創り屋 ショップブログ
*別窓で開きます

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。