FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・新型釣竿アンテナ実験!? コイル部をより上へ

新・新型釣竿アンテナ実験!? コイル部をより上へ・・・

釣竿アンテナの中で【VCHアンテナ】は大変に有名ですが、モービル運用で車の屋根に乗せてっとなると、竿の頭が重くなる配分が尻ごみの第一要因でした。(当ショップのモービル金具用冶具【ARS-1】が初)

アルミ線を使ってコイルを創るのも、軽量化を重視し、銅線と比べて大きく劣らないということと、安価に出来、コストパフォーマンスに優れている為です。

今回は、【新型多バンド釣竿アンテナ】の機構を利用して【VCHアンテナ】により近づける配分になるように創ってみました。
ちなみに弊社販売の【旧釣竿アンテナコイル】は【VCHアンテナ】に近づけるように創られております。

▼M型コネクタ内臓型試作、新・新釣竿アンテナ
20150406-1.jpg
■コイルケース【SPCOIL-120φ(M)】の中は、受注生産品の【7M-65C-V4】(PEW仕様)を入れてあります。

☆見て頂いた通り、コイルの位置が上にあがり、送受信の条件も良くなっていますが、頭が重い為風が吹くと不安がよぎります。

▼コイル下は約3.5mコイル上部は約1m 補助のGNDを追加することなくSWRは落ちています。
20150406-2.jpg

▼【VCHアンテナ】として動作しているかはわかりませんが・・コイル部が上にある為、なんかぃぃ感じです
20150406-3.jpg

◎この試作はまだまだ実験や検証が必要ですが、コイル部が上にある分送受信は期待できるのではないかと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

【手創り屋】店長

Author:【手創り屋】店長
ネットショップ手創り屋のショップブログです

アマチュア無線や電子工作の部品
電機関係の産業部品などを取り扱っています
手創り屋
手創り屋Twitter
手創り屋Facebook
手創り屋Youtube
*別窓で開きます


移転前ブログはこちら
手創り屋 ショップブログ
*別窓で開きます

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。