FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラスロッドの先端落下対策!

どうもこんにちは。ショップ担当のFです。
陽が当たるところは暖かいですが、日蔭は肌寒かったりと体調を崩しやすい天気が続いている気がします。
ちなみに、このブログを書いている社内はちょっと寒かったり…(笑)

ところで、手創り屋はこの春、
ぞくぞくと新商品をアップ
しております!
ご覧になっていただけましたでしょうか?

まだの方はコチラからチェック!▼
☆☆☆新入荷商品☆☆☆


さて、タイトルの
グラスロッドの先端落下対策
とは…

当ショップで取り扱っておりますグラスロッド
ロッド2代目剛630      ロッド2代目剛540

二代目剛630と、二代目剛540、その他、過去に取り扱っていたグラスロッドに、稀に起きていた問題がありました。

このグラスロッドは6~7本の継ぎ竿ですが、竿を縮める時に、

①一番先端の細い竿が、他の太い竿の中に落っこちてしまって、
②落ちた細い竿が太い竿の中に入り込んで、取り出せなくなってしまい、
③ムリヤリ引っ張って抜こうとしたら、竿が割れてしまった


という問題です。
それを少しでも解消できればと思い、ちょっとした対策を施してみました。

これです。▼
ロッド加工例1
竿の先端に付いている赤いヒモに、絶縁体のスペーサーを取り付けてみました!

うまい具合に引っかかって落っこちません。▼
ロッド加工例2

付けっぱなしにして仕舞っても、竿のキャップは閉まります▼
ロッド加工例3
伸ばす時にも、これを引っ張って取り出せば、スムーズに竿を伸ばせますね!

ただ、引っかかるのは一番先端の竿だけなので、他の2、3番目の竿が落っこちてしまう可能性はあります…
なので、
竿を縮める時には、必ず太い方から順番に縮めて下さい。


これから当ショップで販売いたしますグラスロッドには、
全てこの対策を施してから出荷させていただきたいと思います。
この絶縁体は固定などはしておりませんので、必要に応じてボンドや糸などで固定して下さい。
もちろん、不要と感じる方は取り外して使用していただけます。▼

ロッド加工例7



そして、それでも竿が引っ掛かってしまい、
竿が割れんばかりの引っ掛かり具合で、竿先から引っ張ってみても取り出せない!
という場合。
竿の底にあるキャップを外すと、竿の中身が取り出せるようになっています。

持ち手の部分の下にあるコレ▼
ロッド加工例5

外すと竿が出てきます▼
ロッド加工例6

竿の先端の方から引っ張ると、竿が割れてしまう可能性があるので、
こちら側から取り出してみてください。
グラスロッドは横に曲げる動きには強いですが、タテに割けてしまい易い材質です。
そっと引き抜いて外してみて下さい。

*なお、上記の作業を行う際は、全て自己責任で行って下さい。
*作業中に起こったトラブルに関して、当方で責任は負いかねますのでご了承下さい。


以上、グラスロッドの先端落下対策!でした。

当ショップの釣竿アンテナ運用の解説ページ▼
解説!手創り屋アイテムで釣竿アンテナ運用!

や、

釣竿アンテナのアイテムを集めたページ▼
釣竿アンテナアイテム

も是非ご参照下さい!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

【手創り屋】店長

Author:【手創り屋】店長
ネットショップ手創り屋のショップブログです

アマチュア無線や電子工作の部品
電機関係の産業部品などを取り扱っています
手創り屋
手創り屋Twitter
手創り屋Facebook
手創り屋Youtube
*別窓で開きます


移転前ブログはこちら
手創り屋 ショップブログ
*別窓で開きます

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。